芸術

ビジネス

『私の行き方』小林一三

2015年3月1日に電子版が発行。パンローリング株式会社。小林一三の略歴や考え方がまとめられた自伝。副題的に「阪急・東宝グループ創業者が語る」「人生と仕事がうまく行くための成功哲学」と書かれている。1935年に刊行された単行本を電子書籍化したもの。
文学

『我が愛する詩人の伝記』室生犀星

2022年3月10日に電子書籍版が発行。ディスカバーebook選書。209ページ。室生犀星と何らかの交流があった詩人たち11人を紹介する作品。伝記というよりも、詩人たちとの交流を描いた随筆に略歴の情報を添えたような構成。
ビジネス

『戦前の大金持ち』出口治明

2018年6月4日に第一刷が発行。小学館新書。221ページ。戦前に活躍した大金持ちである、梅屋庄吉、薩摩治郎八、大倉喜八郎、土倉庄三郎、山崎種二、御木本幸吉、足立全康の評伝と解説をまとめた作品。解説は出口治明、評伝は稲泉連、山川徹。
文学

『宮本輝の本~記憶の森~』宝島社

2005年4月15日に第一刷が発行。宝島社。143ページ。ソフトカバー。182mm×257mm。B5判。作家・宮本輝が全面監修したファンブック。ロングインタビューや宮本輝と交流のある人々との対談。作品紹介や未公開写真なども豊富に取り揃えた一冊。
芸術

『山下清のすべて』エヴァ・ブックス

2000年8月10日に第一刷が発行。サンマーク出版。215ページ。ソフトカバー。148mm×210mm。A5判 。山下清の生涯や周辺の人々の証言など、山下清のすべてを包括的にまとめた作品。山下清の代表作などがカラーで掲載されているのも大きな特徴。副題は“放浪画家からの贈りもの”。
ビジネス

『日本を造った男たち』竹内均

1993年11月1日に第一刷が発行。同文書院。254ページ。ソフトカバー。127mm✕188mm。四六判。表紙には副題的に、“財界創始者列伝”と表紙に書かれている。経済によって日本に貢献してきた26人の男たちの軌跡を辿る作品。地球物理学者・竹内均が、客観的な情報を基に構成。それぞれの生涯や業績がコンパクトにまとめられている。
ビジネス

『天才~その「隠れた習慣」を解き明かす~』クレイグ・ライト

2022年8月8日に第一刷が発行。すばる舎。613ページ。正確な題名は『イェール大学人気講義 天才~その「隠れた習慣」を解き明かす~』。さまざまな天才に関する考察をまとめた作品。
ビジネス

『致富の鍵』大倉喜八郎

2015年に電子書籍が配信。パンローリング。197ページ。1911年10月に丸山舎から刊行された単行本を電子書籍化したもの。大倉財閥の創設者・大倉喜八郎が人生を振り返りながら仕事について語った作品。
ビジネス

『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」』中村哲

2021年10月31日に電子書籍版が発行。NHK出版。211ページ。パキスタンやアフガニスタンで活動した医師・中村哲のインタビューを中心に、その活動や考え方などがまとめられた書籍。副題は「中村哲が本当に伝えたかったこと」。
歴史

『生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究』仲野徹

2019年8月20日に第一刷が発行。河出文庫。419ページ。18名の生命科学者の生涯をコンパクトにまとめた伝記ノンフィクション。