ビジネス

『日本人に一番合った英語学習法』斎藤兆史

2003年6月30日に第一刷が発行。祥伝社。186ページ。ハードカバー。112mm×174mm。小B6判。コンパクト判。トランジスタ判。副題は「先人たちに学ぶ『四〇〇年の知恵』」。伊藤博文、森有礼、神田乃武、津田梅子、南方熊楠、小泉八雲といった先人たちの逸話も。
ビジネス

『努力論』斎藤兆史

2007年8月10日に第一刷が発行。ちくま新書。197ページ。宮本武蔵や伊能忠敬、升田幸三など、過去の日本人の努力に関してのエピソードを紹介している書籍。巻末には参考文献のリストも掲載。
ビジネス

『英語達人塾』斎藤兆史

2003年6月25日に第一刷が発行。中公新書。185ページ。副題は「極めるための独習法指南」。英語の達人であった新渡戸稲造、斎藤秀三郎、岩崎民平、幣原喜重郎、西脇順三郎、岡倉天心たちの学習法も紹介。
ビジネス

『座右のニーチェ』齋藤孝

2008年6月20日に第一刷が発行。光文社新書。224ページ。副題は「突破力が身につく本」。1973年に発行された手塚富雄の訳による『ツァラトゥストラ』を中心に哲学者・ニーチェの言葉を紹介。
ビジネス

『商売の原則』邱永漢

2001年6月15日に第一刷が発行。知恵の森文庫。274ページ。題名通り、商売の原則をまとめたもの。もともとは1995年12月30日に、ごま書房新社から刊行された作品。
ビジネス

『最強の人生指南書』齋藤孝

2010年6月10日に初版第一刷が発行。祥伝社新書。256ページ。副題は、“佐藤一斎「言志四録」を読む”。後世に大きな影響を与えた儒学者・佐藤一斎の「言志四録」を、齋藤孝が分かりやすく解説している著作。
ビジネス

『私塾のすすめ』齋藤孝/梅田望夫

2008年5月10日に第一刷が発行。ちくま新書。206ページ。副題は「ここから創造が生まれる」。教育学者の齋藤孝と経営コンサルタントの梅田望夫の対談をまとめた著作。
ビジネス

『現代語訳 学問のすすめ』福澤諭吉/訳・齋藤孝

2009年2月10日に第一刷が発行。ちくま新書。251ページ。齋藤孝が福澤諭吉の著した『学問のすすめ』を現代語訳にした書籍。『学問のすすめ』は、1872年から1876年にかけて全17編の分冊として発行。1880年に合本として出版された書籍。
ビジネス

『お金は銀行に預けるな』勝間和代

2007年11月20日に第一刷が発行。光文社新書。230ページ。副題に「金融リテラシーの基本と実践」と書かれた金融に関する基本をまとめた書籍。
ビジネス

『読書論』小泉信三

1950年10月25日に第一刷が発行。岩波新書。185ページ。1964年11月20日に第20刷で改版が発行。まさに読書論。改版は「新版まえ書き」にも記載がある通り、編集部に託して旧版の用字や仮名遣いを直したもの。