藤原正彦

ビジネス

『小説に書けなかった自伝』新田次郎

2012年6月1日に第一刷が発行。新潮文庫。289ページ。新田次郎の様々な内面が描かれたエッセイ集。気象庁での昼間の仕事、帰宅後の小説の執筆についてなどの労苦などが素直な文体で書かれた随筆がまとめられている。妻・藤原てい、次男・藤原正彦の文章も掲載。
文学

『流れる星は生きている』藤原てい

1976年2月10日に第一刷が発行。中公文庫。302ページ。夫と引き裂かれながらも、満州から子供三人と共に日本へと引き揚げて来た女性・藤原てい。その悲運と苦難が刻まれたノンフィクション作品。1949年5月に日比谷出版社から単行本として刊行。
文学

『遥かなるケンブリッジ』藤原正彦

1994年7月1日に第一刷が発行。新潮文庫。273ページ。数学者の藤原正彦が家族と共に過ごしたイギリスでの日々を綴った体験記。副題は「一数学者のイギリス」。1991年10月に刊行した単行本を文庫化したもの。解説は、医師で小説家の南木佳士。
文学

『若き数学者のアメリカ』藤原正彦

1981年6月25日に第一刷が発行。新潮文庫。283ページ。数学者の藤原正彦がアメリカで、研究員ならびに助教授として過ごした日々を綴った体験記。日本エッセイスト・クラブ賞も受賞。1977年11月に刊行した単行本を文庫化したもの。
文学

『名著講義』藤原正彦

2009年12月10日に第一刷が発行。文藝春秋。287ページ。四六判。128mm×188mm。ハードカバー。お茶の水女子大学の新入生向けに開講していた藤原正彦の名著講義をまとめたもの。最終講義まで含めて、12回に分けられて名著を解説。
歴史

『心は孤独な数学者』藤原正彦

2001年1月1日に第一刷が発行。新潮文庫。226ページ。数学者の藤原正彦が特に尊敬し、憧れている歴史的な3人の数学者、ニュートン、ハミルトン、ラマヌジャンを紹介する評伝紀行。1997年10月に刊行された単行本に大幅な加筆をして文庫化したもの。解説は、画家の安野光雅。
歴史

『天才の栄光と挫折』藤原正彦

2008年9月10日に第一刷が発行。文春文庫。289ページ。数学者の藤原正彦が、アイザック・ニュートン、関孝和、エヴァリスト・ガロワ、ウィリアム・ハミルトン、ソーニャ・コワレフスカヤ、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン、アラン・チューリング、ヘルマン・ワイル、アンドリュー・ワイルズの9人の数学者の足跡を辿るノンフィクション作品。副題は「数学者列伝」。