星新一

ビジネス

『祖父・小金井良精の記』星新一

2017年8月4日に電子書籍として発行。新潮社。上下巻。母方の祖父である解剖学者・人類学者の小金井良精の生涯を、孫で小説家の星新一がまとめた評伝。1974年に河出書房新社から単行本が刊行。2004年に河出文庫として上下巻で文庫化。
ビジネス

『明治の人物誌』星新一

1998年5月1日に第一刷が発行。新潮文庫。512ページ。星新一の父親であり星製薬の創業者の星一と関連のある明治の偉人たちの評伝集。その偉人たちは、中村正直、野口英世、岩下清周、伊藤博文、新渡戸稲造、トーマス・エジソン、後藤猛太郎、花井卓蔵、後藤新平、杉山茂丸。解説は、小説家の城山三郎。もともとは1978年12月に新潮社から刊行された単行本を文庫化したもの。
ビジネス

『人民は弱し 官吏は強し』星新一

1978年7月25日に第一刷が発行。新潮文庫。266ページ。1967年3月に文藝春秋から刊行された単行本を文庫化したもの。実業家・星一の中半生を、その息子で小説家の星新一が著した評伝。星一が40歳で独身の1913年頃から1926年頃の裁判終了の時期までがまとめられている。解説は、哲学者で評論家の鶴見俊輔。
ビジネス

『明治・父・アメリカ』星新一

1978年8月25日に第一刷が発行。新潮文庫。283ページ。実業家・星一の前半生を、その息子で小説家の星新一が著した評伝。出生からアメリカ留学を終えて帰国した時期までをまとめている。
文学

『星新一』最相葉月

2007年3月30日に第一刷が発行。新潮社。571ページ。197mm×138mm。ハードカバー。ショートショートの神様と呼ばれるSF短編小説の第一人者・星新一。その知られざる生涯を辿るノンフィクション作品。副題は「一〇〇一話をつくった人」。